足を痛めずにタイトな靴を履く方法

靴はしばしば大きな女性の執着です。しかし、それらの最も美しい靴は必ずしもあなたの足に完全にフィットするとは限りません。そして、情熱が快適さへの欲求よりも大きいとき、人々は悲惨な結果にもかかわらず、深呼吸をしてタイトな靴を履こうとします。

基本的に、そのような状況では、足にひどい水ぶくれやその他の痛みを伴う傷ができます。ちなみに、それらの多くは、美しさの名の下に私たちが選んだことをひどく後悔させています。

そして、これは私たちが痛いハイヒールを履くとさらに潜在的になりますね?しかし、この問題は、この他の問題で解決することを学びます。

しかし、今日は、これらのタイトな靴をできるだけ快適に履く方法を紹介しますが、あなたはそれを愛しています。面白く見えませんか?

それらのタイトな靴を手袋のようにフィットさせるためのシンプルで安価なトリックがあるからです。そして最高:ほとんど何も費やさずに。誰もが家に持っているか、薬局で安い製品だけが必要になります。

以下に、ヒントのリストを作成しました。目的は、自分のプロファイルに最適なものを見つけることです。そして、もちろん、それはあなたが履こうとしている靴のタイプと互換性があります。

足を痛めずにタイトな靴を履く方法:

1.厚手の靴下+ヘアドライヤー

このヒントは、この他の記事の女性エリアですでに説明しましたが、覚えておく価値があります。非常に厚い靴下を履いてから、きつい靴を履いてください。ヘアドライヤーからのホットジェットは靴を柔らかくするのに役立ち、靴下は熱風から足を保護します。

2.デオドラント

ここで見たように、ロールオンデオドラントの驚くべき用途の1つは、これらのタイトな靴を履くのを助けることです。また、同じ問題に起因するかかとの水ぶくれの治療にも役立ちます。

作業するには、かかと、側骨、つま先の上にデオドラントの層を塗る必要があります。これはテクニックではありませんが、正確には、靴を柔らかくしないために、タイトな靴で足が擦れるのを防ぎます。

3.タルク

あなたはすでにタルクを日常的に使用するいくつかの変わった方法を発見しました、しかし今日あなたはあなたのリストにもう一つを追加するつもりです。デオドラントの塗布を示すのと同じポイントで、クリームまたはパウダーでタルクの層を足に広げ、製品は皮膚に保護層を形成し、足との靴の摩擦を減らすことができます。

4.ドレッシング

これは確かに、タイトな靴を履くことに関して最もよく知られているテクニックの1つですよね?傷つくことがわかっているペアを履く前に、かかとやつま先など、靴のグリップに最もさらされる部分に、可能であれば皮膚の色である包帯を履きます。

5.粘着布

靴が開いていて通常のドレッシングが粗くなる場合は、粘着性のある布を使用してタイトな靴の足を保護してください。それらは、靴のストラップの内側に貼り付けて、バラバラに使用する必要があります。

6.シリコンストリップ

整形外科を専門とする薬局や店舗で見られるこれらのシリコンストリップは、靴底や側面など、タイトな靴の内側にも接着する必要があります。彼らは最も快適でない靴でさえ内側ではるかに柔らかくなります。

そして、タイトな靴と犠牲について言えば、あなたはこの他の記事をチェックすることによって感銘を受けるでしょう:あなたは美しさの名の下にあなたの体をどうしますか?

出典:Bolsa de Mulher