自然な日焼け-健康な黄金の肌のための5つのトリック

夏であろうとなかろうと、嫉妬するために自然な日焼けの肌を欲しがる人は多いのではないでしょうか。しかし、その黄金色で健康的な色の日焼けした肌を作るには、いくつかの基本的なケアを考慮する必要があります。

実際、皮膚の剥離や傷の副作用を望んでいる人は誰もいません。だから、その太陽を浴びるとき、少し色をつけるために、あなた自身の世話をすることを忘れないでください。

このためには、日焼け止めの使用が不可欠です。結局のところ、太陽への露出はあなたの肌に深刻なダメージを与える可能性があります。

実際、多くの人が今でも信じていることに反して、この製品は肌の自然な日焼けを妨げません。実際、日焼け止めは日焼けプロセスを遅くするだけですが、そうあるべきです。たとえば、プロセスをスピードアップして肌にダメージを与えたいと思っても意味がありません。

したがって、今日は自然で健康的な日焼けを得るためのいくつかの重要なヒントをお届けします。

自然な日焼けを得るための5つのトリック

1-生物を刺激する

最初のヒントと最も重要なものの1つは食べ物です。結局のところ、いくつかの特定の食品やサプリメントは、体がより多くのメラニンを生成するのに役立ちます。これらの食品の中で、最も適しているのはニンジン、ビート、パパイヤです。それらのすべてはベータカロチンが豊富で、その目的に最適です。理想は、自然な日焼けをする約30日前にそれらを消費し始めることです。

2-適切な時間に太陽を楽しむ

日光浴はあなたの健康に非常に良いですが、あなたは最高の時間を考慮に入れるべきです。日焼けをするつもりかどうかに関係なく、太陽にさらされるのに最適な時間は午前10時前と午後4時以降です。しかし、自然な日焼けは、太陽にさらされる時間ではなく、それぞれが持っているメラニンを生成する能力に依存します。

3-日焼け止め+日焼け止めローションを使用する

すでに述べたように、日光にさらされて自然で健康的な日焼けを得るには、いくつかの詳細に注意を払う必要があります。1つ目は、SPFが高くスペクトルが広い日焼け止めを全身に塗ることです。理想は、太陽にさらされる20〜30分前に使用することです。ただし、効果を維持するには、3〜4時間ごとに製品を再塗布する必要があります。

日焼け止めのみを使用することをお勧めしますが、日焼け止めローションと組み合わせることもできます。この秒は日焼けをスピードアップするのに役立ちます。最も理想的なのは、皮膚科医によって処方されたブロンザーを使用することです。それはあなたの特定の肌タイプに最適な製品を示すことができます。

4-セルフタンニングも優れた結果をもたらすことができます

別のオプションは、セルフタンニングです。特定の物質をベースにしたこれらの製品は、肌に触れると、太陽の自然な日焼けに似た黄金の効果をもたらします。

したがって、セルフタンニングは、皮膚の最も表面的な層である表皮にのみ作用します。その利点は、色に加えて、この製品が肌を健康に保ち、潤いを与えることです。ただし、その効果は通常7〜10日しか持続しません。

5-太陽の後に水分補給をする

長い日光にさらされた後、水分補給することは非常に重要です。肌を回復するだけでなく、水分補給プロセスも日焼けの持続時間に影響を与えます。

この意味で、鎮静剤を含む特定の保湿剤を使用することで、皮膚の剥離を防ぎます。そして、日焼け後、温浴と冷浴、そしてニンジンのようなカロテノイドとのバランスの取れた食事は、ブロンズの色をより長く維持するのに役立ちます。

しかし、自然で安全な日焼けをすることは、太陽の下で1日か2日、簡単なことではないことを強調することが重要です。それは、肌がその嫉妬深い色を実現するのに時間がかかるからです。

とにかく、あなたは自然な日焼けに精通しているので、人工的な日焼けについてもっと知ってみませんか?

出典:DermaClub、Ric Mais

注目の画像ソース:壁紙アビス