ロイヤルブルー-色の歴史とそれを外観に含めるためのインスピレーション

自然の要素を除いて、今日私たちが知っている青の色合いは、ロイヤルブルーを含めて合成的に製造されています。しかし、それはいつ始まりましたか?

さて、最初は「エジプシャンブルー」が最初に合成された色でした。驚いたことに、これは紀元前2200年頃、エジプトのピラミッドが建てられたのとほぼ同時に起こりました。

この調子に到達するために、エジプト人は石灰岩、砂、そして銅からなる鉱物、例えばマラカイトを混ぜ合わせました。

混合物を800℃から900℃の温度に加熱した。その結果、不透明な青いガラスが粉砕され、接着剤や卵白と混合される可能性があります。したがって、より耐久性のあるセラミックまたは塗料が生まれます。

しかし、これは複雑なプロセスであり、簡単に失敗する可能性がありました。したがって、他の青の色合いを合成する新しい方法が発見されたため、この方法は忘れられていました。

ハイローとは何かを知る:それが何であるか、それをどのように使用するか、そしてこのトレンドの主な見た目

青と貴族

何世紀にもわたって、青色は貴族と関連付けられてきました。確かに、ラファエルのような画家が聖母マリアのイメージを描写するためにそれを使用した理由の説明。

古代では、ラピスラズリ(青い顔料が除去されたアフガンの石)のコストは、長い間金の価格と同等でした。アフガニスタンからエジプトへの石の輸入に高いコストがかかった結果、エジプト人は独自の合成顔料を開発しました。

青はモハメッドのお気に入りの色であると信じられていたため、ビザンチン寺院の装飾やコーランのページのイラストには、濃い青の色調がありました。

1950年代に、ネオダダイストの画家イヴクラインは、彼のトレードマークとなった濃紺の色合いを作成しました。最終的に、クラインブルー(またはロイヤルブルー)は、第二次世界大戦後のアートの世界で大成功を収めました。

[…]青には寸法がありません。それは次元を超えていますが、他の色はそうではありません…すべての色は、心理的に物質的または具体的な特定の連想的なアイデアを呼び起こしますが、青は実際に最も抽象的なものの目に見える性質である海と空を示唆しています。」-イヴ・クライン

コードとはどういう意味ですか、ドレスコードですか?

ロイヤルブルー

分類された青の111の色合いがあります。その中には、鮮やかで暗い色のロイヤルブルーがあります。ペンインクの色によく似ています。上で見たように、それがビックまたはクラインとも呼ばれるのも不思議ではありません。

-ファッションで

ロイヤルブルーは暖かい色で、夏によく使われます。カリブ海の濃い青をほのめかすために。洗練された洗練された魅力的な提案になります。

ロイヤルブルーは、それがただの青であろうと、葉または縞模様で印刷されていようと、カリブ海のオアシスとパラディシアの風景を指します。今シーズンのトレンドをさらに強化します。

インスピレーション

青は世界の45%の人々のお気に入りの色です。当然のことながら、この色は平和、精神的充足、静けさ、友情、信頼、誠実さ、誠実さを象徴しています。

さらに、それはすべての知的美徳の色でもあります。たとえば、知恵、知性、科学、制御、集中力、独立性などです。

素晴らしいロイヤルブルーのドレスのインスピレーションをチェックしてください!

スニーカーでドレスのさまざまなインスピレーションをチェックしてください。

チューブドレスを着て、あなたの体を大切にすることを学びましょう。 

あなたの見た目を洗練させたいですか?これらの3色に賭けます。

出典: Nexo、ImpérioRetrô、Follow The Colors

注目の画像: Pikmodas