スカーフの着用方法-見た目を良くする方法と組み合わせ

私たちは常に小道具を革新する方法を探しています。課題の1つは、スカーフの使い方です。アクセサリーとしてのスカーフの歴史は王族に由来し、今日のものではありません。その汎用性は信じられないほど補完的です。時々私たちは基本的な外観に直面し、魔法のようなタッチのように、布がそこに行き、組み合わせの空気を完全に変えます。

たとえば、スカーフを揺らして視聴者の心をつかむなど、映画館で女性を見たことがない人はいますか?つまり、アクセサリーはシンプルですが、優雅さの表れであり、使い方を学ぶ必要はあまりありません。たった1、2ターンで、それだけです。万が一の事態に備えることができます。

スカーフの起源の物語

この小道具が長い間存在していたことは事実です。さて、スカーフの使い方に関するこの革新的なアイデアはどこから来たのか教えていただけますか?習慣は紀元前1350年頃から来たので、つまり私たちの現実からはほど遠いので、最初は習慣は現在のものではありません。当時、ネフェルティティという非常に強力な女王がすでにいました。

したがって、彼女はスカーフの使用の前身でした。ある日、彼女は別の見た目をして、頭に美しいスカーフを置くことにしました。エジプト人にとって、アクセサリーは「カート」という名前を獲得し、人々の文化への参入を止めませんでした。その後、西暦1261年に有名なベリーダンスが始まり、上質で手入れの行き届いた布が儀式の基本的な部分でした。

このように、他のいくつかの国は主にファッションに適応し、それに異なる用途を与えていました。一人一人がスカーフの新しい使い方を喜んで作成しました今日、文化の多様化のおかげで、私たちは衣類、髪、首、そして想像しにくい他の場所に装飾を実装するいくつかの方法があります。

スカーフを使用する理由と方法は?

スカーフは何よりも衣装を引き立たせるための繊細で非常に繊細な方法です。多くの人にとって、それは単に地域の「保護」の問題に関連しているので、最も一般的なことは首にそれを着用することです。しかし、これはすべての女性に適用される規則ではありません。それぞれがスカーフをアクセサリーとして使用する方法で異なって識別し、それに独自の意味を与えます。

ですから重要なのは、「スカーフの使い方」は実際には調和のとれた方法であるということです。それが私たちの存在の目的だからです。彼は、完全な服装が必要なイベントの衣装提案のバランスをとることができます。仕事、パーティー、結婚式、カジュアルな外出、会議、どんな状況でも、この小道具を使用して乱用することは常に良いことです。

係留の種類

これらの小さな秘密のいくつかを引き出しに入れる必要がある理由が本当にわかったので、今度はスカーフをアクセサリーとして使用する方法を学びましょう。最初はシンプルに見えますが、非常に多くの異なる形式やアプリケーションをとることができるため、周りでさえ認識できません。だからあなたのアクセサリーの1つを手に入れて、それを使ういくつかの方法を練習し始めましょう。

ダブルラップ

最初の最も一般的な場所は、首を2回ひねるだけでハンカチを使用することです。この方法は、実際にはその地域を寒さから守り、喉を非常に暖かく保つことを目的としているため、より一般的です。ただし、色や残りの服の選び方を知っていれば、ドレスの成功は絶対的なものになると確信できます。

調整するには、スカーフのサイズに応じて2回転させ、円周の下に先端を隠します。その魅力を与えるためにいくつかのドットを残したい場合、それは非常に可能です。それはすべてあなたがどのように感じているかに依存します、そして方法があなたにとって良いなら、なぜ使用に参加しませんか?

ドーナツ

このスカーフの着用スタイルは大きく異なり、その日の外観に甘さのトーンを与えます。きっと誰もがこのシンプルで美しい仕事がどのように行われたのか気づき、不思議に思うでしょう。印刷されたハンカチの場合、それを包む方法が花のように見えるので、効果は視覚的に非常に心地よい感覚を生み出すことができます。

とにかく、できればいつもより大きなハンカチを首に巻いてください。その結果、チップが残り、このピースを使用して、内側と外側に動きを作るようにねじ込みます。完了したら、ヒントを非表示にして完了です。あなたの結び目は完璧で、今では組み合わせることができます。

カウボーイタイ

これは主に、上記のダブルコイルの後ろで行うのが最も簡単です。カウボーイ投げ縄は、支柱の保護機能を削除せずにスカーフを使用する方法を革新するようになりました。非常に完全な生地で首を回るだけで、2ポイント前方になります。

これが完了したら、最後の仕上げは、これらの2つの端をきつすぎない結び目で結ぶことです。右上の写真のように、とうとうゆるくしておくことができます。または、必要に応じて、ブローチなどの別の小道具を追加して、スカーフやドレスのスタイルに洗練された雰囲気を加えることもできます。

フェイクポンチョ

まず第一に、スカーフの使い方のこの基本的な効果を達成するには、非常に長くて大きな布が必要です。一見すると、アクセサリーは本来あるべき姿ではないように感じます。その美学の類似性は、とりわけポンチョに非常に似ています。だからあなたの最高のバージョンを分離し、ステップバイステップに従ってください。

いつものように首にスカーフを巻きます。必要に応じて、非常に繊細に結び目を作ります。その結果、両側に1つずつ、合計2つの大きなポイントが残ります。両肩を覆うようにこれらの端を開きます。センセーションは、スカーフが「ケープ」の側面を取り、残りの衣類を優しく引き立たせることです。

ブレード

最後に、使用するのがはるかにエレガントで、通常はもう少し手間がかかる結び目があります。しかし、良い習慣が問題を解決しないということは何もありません。上で分離した画像に絶望する前に、一歩一歩踏み越えないでください。落ち着いて辛抱強くできるとすぐに、とても美しい恐ろしい結果が得られます。

編みこみは大きなスカーフをアクセサリーとして使用できますが、小さな素材で作ることもできます。どんな選択をしても、モデルはとても使いやすく、その置き方はあなたの見た目の違いになります。

スカーフの使い方の別の方法

最後に、文化の広がりがスカーフの使い方にどれほど影響を与えたかという重要なポイントに到達しました。スタイルは人や国によって異なります。今日、アクセサリーは頭をはるかに超えて、体のいたるところにあります。それを使用する方法に驚いて、あなたのスタイルを革新する勇気を持ってください。

髪の毛の中

最初に、あなたが美しい三つ編みを作ることができるその髪の所有者であるならば、その場でスカーフを増やすことが可能であることを知ってください。さて、ブレードにスカーフを使用する方法は?それは簡単です、あなたの髪にその最初の三つ編みを与えて、続ける前に、結び目にスカーフを入れてください。このように、布の両面は髪の毛の束のように見えました。

一般に、ここで、両端が編組を作成し、編組の過程でそれを増やすための分離であると想像してください。結局、ハンカチ自体を使ってブレードを結び、手放さないか、ほとんど透明な包帯を使って、アクセサリーとしてのハンカチのパターンとの不調和を避けることができます。

スカーフをクロップトップとして使用するにはどうすればよいですか?

このヒントは、特に最も大胆な女の子や、バーを外に出すのが好きな女の子を対象としています。人形で遊んだことがある人なら誰でも、どんなフラップでも古き良きクロップトップを作ることができることを知っています。したがって、スカーフが非常に大きく、調整が簡単である限り、プロセスはスカーフと同じです。

布を後ろに置き、胸の部分に良い結び目を作ります。上の写真のように行うことも、残った端を首の後ろで結び、小さな紐の空気を与えることもできます。さて、今ではさまざまなブラウスを与えて、アクセサリーとしてのスカーフの別の用途に固執することが可能です。

スカーフをスカートとして使うには?

アフリカの女性は誰よりもスカーフをスカートとして着る方法をよく知っています。体に布を巻く文化の実用性は称賛に値し、スカーフを使用するオプションを提供します。2つの方法で使用できます。

1つ目は、腰に巻くだけで、上で結ぶか隠すことができます。もう1つは、服を着て、もう1つを上手く剥ぎ取って遊んでいます。ニュートラルな服とプリントスカーフでこれを行うと、効果はさらに良くなります。鮮やかな色は通常、非常に印象的で非常にクールです。

バッグにスカーフを入れる方法は?

一般的に、髪の毛や首にスカーフを付けて衣装に合わせる方法がわかったので、アクセサリーを別のアクセサリーに入れる必要があります。そうです、それは奇妙に思えますが、組み合わせる方法を知っていれば非常にうまく機能します。実際、最善のことは、少しずつ試してみて、単に大胆に続けるとどうなるかを確認することです。

それで、あなたがスカーフを使う他の方法にうんざりしているならば、あなたのバッグに小道具を縛って置くのはどうですか?それは贅沢であり、結局のところあなたの外観に驚くべきタッチを与え、両方のアクセサリーの一般的な使用から逃れるでしょう。

さらに、透明なバッグでこのようなヒントをもっと読んでください-アクセサリーとの組み合わせの使用方法と作り方

出典:  Ekonomist、Gira Beltim、Free Turnstile、MariaFiló、Eu Total

画像ソース: Badulakits、Social Bauru、Carol's Tips、Unique Tag、Zatinni、Consuelo Blog、Cowgirl、Almanac SOS、Virtual Drawer、Red'O Outlet、Fixbitt、Lab Fashion Content、Blog Xandeca、Tete Reinaldim