皮膚の赤い斑点-あなたの体を汚す可能性のある10の病気

とりわけ、皮膚の赤い斑点はいくつかの要因で発生する可能性があります。たとえば、つまんだ後、太陽に過度にさらされた後、またはおそらくアレルギーのある食べ物を食べた後。

ただし、これらのケースに加えて、もう少し深刻なケースもあります。たとえば、ジカウイルスや風疹などの病気が良い例です。

実際、それらはより深刻であるため、これらの病気は専門の医師によって監視される必要があります。これは、彼らが傷の原因を特定し、それらを終わらせるために適切な治療を開始することができるからです。

だから、医者をすることを発明しないでください。さて、あなたの体は本当に主題を理解している助けと資格のある人々を必要としています。

しかし、絶望しないでください。肌に赤い斑点がある場合は、私たちが選択した情報を確認してください。以下は、確かに、皮膚に赤い斑点を残す可能性のある考えられる原因と病気です。

皮膚の赤い斑点の主な原因

  • ストレス;
  • アレルギー;
  • 蕁麻疹;
  • 湿疹;
  • 乾癬や狼瘡などのリウマチ性疾患;
  • 血栓性血小板減少性紫斑病などの血液疾患;
  • 感染症;
  • とりわけ皮膚がん。

一般的に、あなたの体に現れる斑点の特徴と兆候を観察することは重要です。なぜなら、かゆみ、痛み、発熱、肥大、出血、色の変化を伴う可能性があるからです。とりわけ、すべての場合において、医師に通知することをお勧めします。

かゆみを伴う皮膚の赤い斑点は、じんましん、湿疹、狼瘡の兆候である可能性があることは言及する価値があります。すでに、かゆみのない汚れは、さらに心配することができます。皮膚がん、特発性血小板減少性紫斑病または乾癬の症状である可能性があるためです。

皮膚に赤い斑点を引き起こす10の病気

1.アレルギー

最初は、アレルギーは皮膚に赤い斑点を引き起こす可能性のある病気の1つである可能性があります。そして、これは植物、動物の毛との接触、または薬の服用後に発生する可能性があります。または、虫刺されや食中毒が原因である可能性があります。

これらの斑点は、さまざまなサイズ、白または赤、かゆみの有無、液体の有無などがあります。

とりわけ、アレルギースポットを治療するには、皮膚科医に相談するのが最善です。専門医だけがあなたの症例に適切な治療法を与え、特定の治療を開始することができます。

2.白癬

白癬やアレルギーも一般的で治療が容易な症例です。白癬の場合でも、適切な治療法を勧められるように、皮膚科医を探すことをお勧めします。それは抗真菌剤であろうと抗生物質であろうと。

とりわけ、真菌症は大きく、体の明確な領域に影響を与える可能性があります。実際、場合によっては、気泡が発生し、その領域で剥離が発生します。

3.ジカウイルス

先験的に、ジカウイルスに起因する皮膚の赤い斑点が顔に現れ始め、すぐに体の残りの部分に広がります。これは数時間でさえ起こり、約5日続くことがあります。通常、この場合、わずかなかゆみを伴う赤い斑点が現れます。

基本的に、ジカウイルスを治療するために最も必要とされるのは休息と水分補給です。そしてもちろん、医療モニタリング。まあ、彼だけが症状や不快感を和らげることができる特定の治療法をあなたに知らせることができます。

4.湿疹

まず、湿疹は皮膚炎としても知られています。つまり、皮膚の炎症であり、皮膚に赤い斑点を引き起こす原因となります。彼らは通常、かゆみや腫れさえもたくさんします。多くの人がこの炎症をアレルギー反応に関連付けるほどです。

とりわけ、この炎症の症状は、ストレス、低温または高温で悪化する可能性があることに注意することが重要です。または、皮膚が水や太陽にさらされている場合。他の人と同様に、湿疹も特定の皮膚科医で治療が必要です。

特に、彼らは抗アレルギー療法、あるいは軟膏やコルチコイドクリームを処方するからです。湿疹は虫刺されや食中毒でより一般的であることに言及する価値があります。

5.風疹

当初、風疹は、適切に管理されるまで、医師の診察と特別な治療が必要な病気です。したがって、小さく、わずかに隆起し、かゆみを伴うパッチが一般的です。

実際、これらの斑点は通常、顔から始まり、体の残りの部分に広がります。また、約3日間浸透するスポットです。

6.乾癬

先験的に、乾癬は遺伝的原因の炎症性皮膚疾患です。とりわけ、それは皮膚に赤い斑点を引き起こす非伝染性の病気です。これらの斑点は、通常、赤い縁のある白い中心を持ち、かゆみを引き起こし、乾燥しており、剥がれ落ちることさえあります。

実際、これらの斑点は通常、ひじ、ひざ、頭皮に現れます。したがって、それは抗炎症クリームまたは軟膏の適用で治療することができます。それでも、皮膚科医によって処方されなければなりません。

さらに、この病気を治療するために、医師はまた、脂肪分の多い食品や加工製品を食べないように、そして日光にさらされないようにアドバイスします。さらに、医師は、オメガ3とベータカロチンが豊富な食品を食べることは、この場合、その人にとってさらに有益である可能性があると言います。

7.ループス

まず、狼瘡は自己免疫疾患であり、体内のいくつかのシステムに影響を与える可能性があることに注意することが重要です。しかし、皮膚は最も影響を受ける器官です。したがって、この病気は皮膚にも赤い斑点があり、医師の監督下で治療する必要があります。

基本的に、これらの斑点は通常、体のどこにでも現れる平らなまたは隆起した赤みがかった色です。ただし、耳、鼻、顔に多く現れます。一般的に、それらはかゆみを引き起こし、傷つけず、時間とともに変化し、日光にさらされると悪化する可能性があります。

8.じんましん

とりわけ、じんましんはアレルギーの一種であり、さまざまな要因によって引き起こされることさえあります。たとえば、食品、虫刺され、化学物質、ストレス、花粉、薬、感染過程などです。とりわけ、このアレルギーは、他のアレルギーと同様に、皮膚に赤い斑点を引き起こします。

ただし、蕁麻疹の斑点は数日で消える傾向があります。しかし、このアレルギーは通常あなたの人生の残りの間残ります。

9.特発性血小板減少性紫斑病

まず、特発性血小板減少性紫斑病は、血小板に影響を与える自己免疫疾患です。実際、血小板は凝固の原因となる血球です。とりわけ、それはまた皮膚に赤い斑点を引き起こします。実際、それらは通常紫がかった赤です。

体の斑点に加えて、特発性血小板減少性紫斑病はまた、体に他の兆候を引き起こします。たとえば、鼻、歯茎、消化器系、泌尿器系からの出血。したがって、彼女は専門医の治療を受ける必要があります。

10.皮膚がん

とりわけ、皮膚がんは通常、皮膚の傷の原因にもなります。スポットでさえ、通常、より太陽にさらされる領域に現れます。基本的に、皮膚がんによるシミは、通常、かゆみや時間の経過とともに成長することはありません。

さらに、これらの斑点は出血して傷に発展する可能性もあります。実際、それらは汚れを癒すのが非常に難しいです。特に、皮膚がんの最も攻撃的な形態である黒色腫の場合。その場合でも、シミはかゆみや痛みを引き起こします。

とにかく、私たちの話についてどう思いましたか?今、あなたはあなたの体がどんな汚れであるかを解読することができますか?

女性エリアからのより多くの記事をチェックしてください:あなたの肌を明るくしてください-それらを保つための専門的で自家製の技術とトリック

出典:あなたの健康、医者は答えます

注目の画像:シティポータル