眉毛の色素沈着、それらを定義するために最も使用される技術

眉毛は顔のフレームであり、それが顔の調和にとって非常に重要である理由です。しかし、誰もが目立った眉を持っているわけではありません。すぐに、これらの人々は何らかの形の眉毛の色素沈着に頼ることになります。

長い間、この眉毛の色素沈着には鉛筆が使われていました。しかし、これはその地域の特定の製品ではありませんでした。それで、特定の眉毛製品が登場するのにそう長くはかかりませんでした。

今日では、眉を矯正することを特に目的とした影、鉛筆、ジェル、そして製品の武器があります。この素材で傷をカバーし、眉のデザインを向上させることができます。

市場で入手可能なすべての製品にもかかわらず。誰もが修正できるわけではありません。実際、そうする人もいますが、うまくいきません。これらの場合、眉毛の色素沈着のより持続的な形態に頼ることが可能です。

眉毛の色素沈着の最も一般的なタイプ

シンプルなカラーリング

一部の人々は必ずしも欠陥に苦しんでいるわけではなく、彼らは非常に細い髪をしているだけであり、それが眉が鈍い理由です。これらの場合、眉毛の色素沈着は、このための特定のインクで実行することができます。染料は平均2ヶ月持続し、非常に自然な効果をもたらします。眉毛用の特定のインクがありますが、髪を染めるのに使用するのと同じインクを使用する人もいます。このような場合、効果はそれほど自然ではない可能性があります。

ヘンナ

ヘナは、眉毛の色素沈着に関しても広く使用されている植物染料です。ただし、手順を実行する専門家を探すのが最善です。ヘナは汚れがひどく、自分でやろうとすると問題に直面することがあります。

以前はヘナで作られたデザインはよくマークされていて、あまり自然に見えませんでしたが、最近ではこれが大幅に改善されています。確かに、優れた専門家はあなたの眉毛を自然な方法で色素沈着させないままにすることができます。

マイクロピグメント

現在、これは増加している眉毛の色素沈着の形です。マイクロピグメントは、この「アートメイク」のアイデアを模倣しており、基本的に一時的な入れ墨です。専門家は眉毛を描き直し、眉毛をより豊かにすることもできます。テクニックは糸のデザインを模倣しているので、これらすべては非常に自然な方法で行われます。

ただし、これはマイクロピグメントの1つのタイプにすぎません。現在、他にもいくつかあり、私たちが行ったこの記事について詳しく読むことができます。眉を一本一本、痛いですか?それがどのように行われるか、ケアおよび他の質問。

このテクニックは最長18か月続き、その後は再度修正することができるため、非常に実用的で長持ちするオプションになります。

出典:Universa。

画像:Vix、Brow、Top Aesthetics、DepositPhotos。