ネイルアート-それが何であるか、トレンドの起源、テクニックとスタイル

確かにあなたはネイルアートを知っている必要があります。基本的にネイルアートはネイルアートなので、その名前で彼女を知らないかもしれません。

なにより、周りにたくさんのネイルが飾られているのを見たことがあるでしょう。ネイルアートスタイルは、複雑なデザイン、ネイルジュエリー、ストライプ、水玉模様、アクセサリーをもたらします。つまり、それらは装飾されたネイルです。

ネイルアートの始まり

まず、ネイルアートは紀元前3000年から4000年にエジプトで始まりました。発見は、ヘナで飾られた爪を持つミイラを発見した科学者によってもたらされました。

さらに、好奇心は、クレオパトラの治世では、彼女だけが彼女の爪を赤く塗ることができたということです。とりわけ、その命令に従わないことは厳しい罰につながりました。あまり好まれていない女性は、爪を明るい色で塗ることしかできませんでした。

しかし、それはアジアにも存在していました。そこでは、主に中国で技術が大幅に進化しました。唐時代(705-907)には、ヤン・クウェイフェイ王女も爪を着色する習慣がありました。

とりわけ、ネイルアートが有名になったのは日本でした。日本で最初の素晴らしいネイルアートが登場しました。今日私たちが知っているスタイルを含め、多くの線と点があります。

現在、彼女は成功しており、女性を喜ばせています。主な理由は、爪に施されるアートを選択できるため、多くの個性と信頼性が残ります。

最後に、ネイルアートは基本的にあらゆる場面で使用できます。それにもかかわらず、それぞれの状況にスタイルを適応させる必要があります。たとえば、仕事、会議、日常の活動を行う場合、そのような印象的な爪を着用することはあまりお勧めできません。

ただし、ネイルアートを行うことはできますが、より目立たないデザインやアクセサリーを使用するだけです。しかし、パーティーやもっとリラックスしたイベントに行く場合は、スタイルを使用して乱用することができます。

テクニック

まず、フィルム、エナメル、そして3Dテクニックを使ってネイルアートを作ることができます。フィルムはあなたの爪を飾る最も簡単な方法です。とりわけ、それらはカードにあり、簡単に適用できます。爪にのせて、透明なベースを上に乗せてください。最後に、余分なものを取り除くだけで準備が整います。

エナメル質のテクニックが最も一般的です。まず、爪全体にベースエナメルを使用する必要があり、特定のブラシで描画します。また、余分なマニキュアを取り除くつまようじで作ることもできます。

最後に、3D技術で作られたネイルアートは女性に愛されています。それらは、アクリル、特殊カラーゲル、シアノアクリレート接着剤など、さまざまな材料を使用して作られています。さらに、これらの素材を使用して、テクスチャ、花、葉、動物の姿などを作成することができます。

ネイルアートスタイル

有色

トランスペアレント

ヌード

付属品付き

ストライプ付き

水玉模様

最後に、これはネイルアートに関する私たちのコンテンツでした、あなたはそれが好きでしたか?とりわけ、サイト上の他のコンテンツも確認できます。これも読んでください:あなたが家で作ることができる7つの爪の形

出典:FortissimoCláudiaPausaforfeminices Glamour Blog ikesaki

注目の画像:Youtube