妊娠中のガス-原因、理由、予防および治療法

まず第一に、誰もガスがもたらす不快感の瞬間を経験するのが好きではありません。このような瞬間は1日平均10〜20回あります。妊娠中、妊娠中のガスが増加し、さらに大きな不快感を引き起こす可能性があります。これらすべてにもかかわらず、ここでは、ガスが増加する理由、その原因、過剰なガスを減らす方法、およびガスの生成を制御するのに役立ついくつかの家庭療法を理解します。

妊娠中のガスの原因とその特定方法

第一に、この瞬間、排便が減少し、プロゲステロンが増加します。これは、次に、消化管を含む体全体の筋肉の弛緩をもたらします。食物消化の速度を遅くします。

妊娠の終わりに向かって状況がより不快になり、腹部膨満を引き起こす可能性があります。子宮のサイズが大きくなると、ホルモンの増加に加えて、消化にさらに影響を及ぼします。

過剰なガスの症状は、より大きな程度の腹痛であり、鼓腸、腸疝痛、便秘、または刺痛を引き起こす可能性があります。同様に、吐き気、嘔吐、下痢、片側性腹痛などの追加の症状がある場合は、妊娠の監視を担当する産科医に相談することをお勧めします。

妊娠中のガスの原因

赤ちゃんのために空腹感が大幅に増加するため、食事の量が腫れや不快感を引き起こす可能性があるため、体重増加は関連する要因です。さらに、消費量が増えるとカロリーも増え、活動段階が低下します。

結腸内の細菌バランスに変動がある場合、腫れも発生します。これにより、生成されるガスの数が増加し、その結果、鼓腸が増加します。

第三に、食べた食べ物が赤ちゃんが必要なすべての栄養素を吸収するために腸でより多くの時間を費やすので、これは乾燥した便をもたらす可能性があります。最終処分に達するまでに時間がかかり、腫れを引き起こし、ひいてはガスの数を増やします。

一部の食品は、乳糖を含む食品の場合のように、より多くのガスの生成を引き起こします。したがって、不寛容の場合、これらの食品はガスを大幅に増加させる可能性があります。

妊娠中のガスの量を減らして防ぐ方法

1.大量の食事を食べないでください。

2.ガスを含む飲み物、つまりソフトドリンクや炭酸水は避けてください。

3.チューインガムは避けてください。

4.たとえ最も美しくなくても、快適で幅の広い服を着てください。

5.砂糖を切って精製します。

6.急いで食べることなく、食​​べた食べ物をより有効に活用します。

7.サツマイモ、卵、ブロッコリー、ひよこ豆、揚げ物、穀物、玉ねぎ、豆、キャベツ、桃は避けてください。

8.毎日歩きます。

9.水分摂取量、特に水を増やします。

10.軽い運動をして、呼吸をうまくします。

妊娠中のガスを防ぐのに役立つ家庭薬

ペパーミントティーは、過剰なガスに苦しむ人々に大いに役立つ可能性があります。鎮痙剤であるため、痛みや不快感を和らげるのに役立ちます。お茶を作るには、沸騰したお湯に3グラムの新鮮なミントの葉を入れて、よりさわやかな味わいにしましょう。冷めるのを待った後、食事の後に同じように、1日2〜3回緊張して飲むだけです。

第二に、プルーンはお茶と同じくらい貢献することができます。それは鼓腸を減らし、便秘を扱います。これを行うには、メインの食事の前に梅を食べるだけです。

最後に、おいしいだけでなく、強力な味方になることができるヨーグルトビタミンがあります。直後に、ブレンダーで、天然ヨーグルト、半分刻んだアボカド、半分刻んだ種子のないパパイヤ、半分刻んだニンジン、スプーン一杯の亜麻仁のパッケージを混ぜるだけです。その後、ただ飲む。このビタミンは1日2回まで摂取でき、その結果、ガスと不快感を終わらせるのに十分です。

あなたはその記事が好きでしたか?常にあなたの健康に焦点を合わせてください!あなたも知りたいと思うでしょう:双子の双子、それがどのように起こるか、そして違い。

出典:あなたの健康、おむつの交換、あなたの健康。

注目の画像:ベイビーエイプリル